【目次はこちらから】
個人的なくだらない家庭の話です。
記事数が多くなってきたので、
目次を作りました。


僕が何を感じたのか
不倫・浮気・家庭・子供・夫婦。
何が大切で、何を守るのか。
感じたことを書いています。



人気blogランキングへ
ランキングにも参加しています。
ポチット応援していただくと
がんばれる力にもなります。

2006年11月07日

妻の実家は失敗だった

今までなら、笑顔で実家に帰っていた。
妻の実家との縁を切ったといっても
それはお金のことや生活のことで、
子供にとってそこは、おじいちゃんおばあちゃんの家。
子供が行きたいと言えば、僕に拒否する理由はない。

ただ、いつもと違うのは、
その家にどうしても足を踏み入れたくなかった。

それでも、子供は楽しいようで
毎年長期連休になると必ず言う。


「ママのじぃじとばぁばに会いたい!」

そして、

「パパのじぃじ会いたい!」と。


妻はどうだったのか知らないが、
僕はまだ今の家庭環境を父には話せないでいた。
続きを読む
人気blogランキングへ
posted by 弱い男 at 13:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 夏休み

2006年11月10日

僕の実家で

僕が妻の実家に足を入れたくないのと
同じかどうかは別として、
妻も僕の実家に入ることは嫌がるだろう。

僕も入ってほしくないし。

となると、どこかで妻をおろさなければならない。
幸い、子供が眠っているので、何事もなくおろせる。

僕の勝手な考えだけど・・・。


僕「適当におろすで、勝手に帰れよ。」

妻「・・・・うん。」

僕「そこらへんでええやろ?」

妻「でも、起きたとき琉聖なんか言わんかな?」

僕「・・・。起きてからの方が胃言うんちゃうか?」


どっちかなんてわからない。
ただ、寝ている間に妻には降りてもらうことにした。
続きを読む
人気blogランキングへ
posted by 弱い男 at 16:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | 夏休み

2006年11月11日

川遊び

車で川に向かった。
実家からおおよそ1時間程度で
山際の流れの緩やかな川につく。

僕が子供の頃に、
よく連れて行ってもらっていた、川。

多少そこまでの道のりは変わったものの、
川自体の流れや、風景にそんなに変化はない。

緩やかな川の周りには、
ちょっとしたキャンプ場などもあり、
家族連れや、若い団体であふれていた。

もちろん、小さな子供も多かった。
続きを読む
人気blogランキングへ
posted by 弱い男 at 11:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 夏休み

2006年11月15日

子供の本音

川遊びにしばらく没頭している子供たち。
僕の子供も、妹の子供も同じように
笑っているし、楽しんでいる。

妹の上の子供が、僕を誘った。


「もっと深いところに連れて行って!」


男は僕1人だったので、
妹に琉聖をまかせて遊びに行くことにした。

続きを読む
人気blogランキングへ
posted by 弱い男 at 20:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 夏休み

2006年11月20日

うんざりする

妻からの電話で思い出した。

今日は僕の妹と川に行き、
明日は妻の兄とプールに行く予定だった。

でも、「僕は3人で行きたかった」

そういった子供のことを考えると、
1日でも早く家に帰って、
子供の為に3人で出かけたかった。


妻の兄といっしょにプールに行くことは
とてもじゃないが出来やしない。


だから、家に帰ることを選択した。
続きを読む
人気blogランキングへ
posted by 弱い男 at 16:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 夏休み

2006年11月21日

俺の子を泣かすな!!!!

ちょうど妹の家の玄関で靴を履いていた。
呼び鈴の音とともに現れたのは、妻だった。

平気で僕の肉親の家に来られる神経が理解できない。

いっしょに玄関で靴を履いていた僕の子供。
僕の顔が一瞬にして引きつった笑顔に変わったのが
明らかに自分でもわかる。

子供も気づいている。

妻の姿がとても憎く、腹立たしく映ったから。
僕の顔も一瞬にして冷たい顔に変わった。


だからいったんだ。
僕だって人間だ。
抑えられない感情がある。
たとえ声に出さなくても、
態度で示さなくても、
そういう空気をまとうのがわかっていた。
続きを読む
人気blogランキングへ
posted by 弱い男 at 11:08 | Comment(12) | TrackBack(0) | 夏休み

2006年11月23日

車の中で。

妻の実家に戻る。
子供は泣きつかれたのか、しばらくすると眠った。
声を出して泣いたわけではないが、疲れたのだろう。

僕もそうだが、何より我慢をしていると疲れる。
肉体的にも精神的にもひどく疲れる。

たった4歳の僕の子に、
そんな感情を抱かせた妻達に、ひどく怒りを覚える。


車中での会話はない。
すれ違う車のヘッドライトがやたらまぶしく、
ぼやけて見えるのは、自然と涙があふれていたから。


悲しみではない。
怒りとなんとも言えない感情からだった。
続きを読む
人気blogランキングへ
posted by 弱い男 at 15:20 | Comment(11) | TrackBack(0) | 夏休み

2006年11月25日

身を引くことを考えた夜

何も会話をしないまま、
妻の実家に向かう。

途中見える町並みは、
転勤する前によく3人で歩いた町。

高い建物もそれをどなく、
夜にもなれば歩いている人影も見かけない。

行きかう車のヘッドライトと、
ちらほら見えるお店の明かりが
今はただ、まぶしすぎた。

続きを読む
人気blogランキングへ
posted by 弱い男 at 12:39 | Comment(11) | TrackBack(1) | 夏休み

2006年11月27日

今はただ・・・。

実家から高速で家に帰る。
子供はずっと眠ったまま。
お互い何も言葉を発することなく、
高速ののり口へと向かう。

高速運転中に飲むための
お茶やジュースを近くのコンビニで買う。



そういえば、引越ししたときに寄ったコンビニ。
あの頃はただ不安で、それでもがんばらなくてはと
妻の買い物姿をみて思っていた。

引越しの意味もわからず
子供ははしゃいでいた。

3人で、新しい土地で生活する。
不安もいっぱいあったけど、
それより何より幸せのほうが強かった。
続きを読む
人気blogランキングへ
posted by 弱い男 at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夏休み

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。