【目次はこちらから】
個人的なくだらない家庭の話です。
記事数が多くなってきたので、
目次を作りました。


僕が何を感じたのか
不倫・浮気・家庭・子供・夫婦。
何が大切で、何を守るのか。
感じたことを書いています。



人気blogランキングへ
ランキングにも参加しています。
ポチット応援していただくと
がんばれる力にもなります。

2007年03月21日

亜紀へ

離婚してもう2年になる。
あと3記事を更新してブログも終わりにしようと思う。

面と向かってはいえないことを
ブログの中で書いてみたい。





亜紀へ


1度目の約束も、今年の約束も守ってくれてありがとう。
琉聖が生きていたとしたら、小学生になる直前だ。
二人して忙しくバタバタしていたかもしれないし、
もしかしたらやはり離婚をしていて、
僕が琉聖と共に小学校の準備をしていたのか
亜紀が琉聖と一緒に準備をしていたんだろう。


いまだに僕は君を許せないでいる。


もちろん浮気がそうなんだが、
なによりその行為自体が琉聖を裏切るということを
君がしっかりと認識していなかったことに。

この先、新しい出会いがそれぞれにあるのかもしれない。
また結婚して子供を授かることになるのかもしれない。


もし、君に子供が生まれたら。


絶対に裏切らないでやって欲しい。
君は子供を確かに愛し、育ててくれた。
もちろん僕も出来る限りの協力はしたつもりだが
それは僕の感じるところで、実際どうだったかはわからない。

子育ては簡単じゃなく、
時に迷い、逃げたくなることもあるだろう。


だけど、君のお腹から生まれてきた命は
ただまっすぐに君を見て、疑うこともなく君を信じきっている。

それは父親だった僕にも同じ目線で語ってくる。


夫として、男として
僕はつまらない人間かもしれなかった。

何か刺激を君に与えることはなかったかもしれない。
価値観の違う二人にとって、感じ方も受け取り方も
同じ言葉、同じ行動でもまったく違ったのかもしれない。


結局のところお互いがお互いの存在や思いを
しっかりと受け止め、話し合わなかった結果、
君は不倫という選択をしてしまったのかもしれない。


願わくば、その前に話して欲しかった。
どんな思いで君がそれを選択したのか
今となってはわからない。


当初の話だと、軽い気持ちだったようだが、
本当のところはどうだったのか、今でも心に残る。



ただ、単純に許せはしない。



女々しいが、僕は一生おそらくこの事実を
忘れることはできないだろう。

素直に離婚を迫られていたとしたら
もう少し違う結果が待っていたのかもしれないが
今となっては今が現実。どうしようもない。


それでも君に2つだけお礼を言いたい。



結婚してくれてありがとう。
確かにあの頃、僕は幸せだった。
それは他の誰でもない、君だから得られた幸せ。



そして、琉聖を産んでくれてありがとう。



僕の子を産んでくれてありがとう。





今、もし過去に戻れるとしたら
やはりそれでも君と結婚しただろう。

琉聖を産んでくれるのは君以外の誰でもないのだから。




これから先、お互いの人生が交わることはないだろう。
それでも僕は君に感謝している。



琉聖を産んでくたことを。

人気blogランキングへ

posted by 弱い男 at 16:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | 手紙
この記事へのコメント
初めて書き込みします


ここにこれて
弱い男さんのブログに出会えて
よかったと思います


私は離婚していて
まだ5ヶ月という短い期間なんですが
自分の気持ちに
確信・・・というか
自信がなく
自分がどうしたいのかも
わからずじまいですした


慣れない仕事を始めて
厳しいこともつらいことも
すべてを自分の力に変えて
やっていたところです


正直
寂しくてつらくて
たまらなくなる時もあり
今でもそれは変わりません


私は彼を一度大嫌いになりました


それでも
養育費をくれ
私のことも気に掛け
支えてくれています


離婚を後悔するつもりはありません


離婚をして
気づけたことがたくさんあるからです


彼が心底本気で私を思っていてくれたこと

彼はなかなか
私に『愛してる』と
口で伝えてくれませんでした

そんな彼の言葉を
私はずっと待っていた気がします



私は 自分に自信がありませんでした


同時に彼も自信がなかったんですね


2人で仲良くしてはいたものの
空回りばかりしていたところが
あるように思います


子供は2人です
一人一人が引き取り
育てています


私は
子供たちに
同じ思いをさせてしまったのかもしれません


ブログを見て


涙があふれ


たまりませんでした




私の心はひとつ

ここにこれたことで

私は決められた


弱い男さん
ありがとう


たとえ
時間は戻らなくても
やれることをやってみます

たとえ
何も報われなくても
いつも 自分らしくいます


私に一番大切なものを
教えてくれた 彼に 子供達に 弱い男さんに

感謝しています

Posted by 向日葵 at 2007年03月22日 00:41
初めて書き込みします


ここにこれて
弱い男さんのブログに出会えて
よかったと思います


私は離婚していて
まだ5ヶ月という短い期間なんですが
自分の気持ちに
確信・・・というか
自信がなく
自分がどうしたいのかも
わからずじまいですした


慣れない仕事を始めて
厳しいこともつらいことも
すべてを自分の力に変えて
やっていたところです


正直
寂しくてつらくて
たまらなくなる時もあり
今でもそれは変わりません


私は彼を一度大嫌いになりました


それでも
養育費をくれ
私のことも気に掛け
支えてくれています


離婚を後悔するつもりはありません


離婚をして
気づけたことがたくさんあるからです


彼が心底本気で私を思っていてくれたこと

彼はなかなか
私に『愛してる』と
口で伝えてくれませんでした

そんな彼の言葉を
私はずっと待っていた気がします



私は 自分に自信がありませんでした


同時に彼も自信がなかったんですね


2人で仲良くしてはいたものの
空回りばかりしていたところが
あるように思います


子供は2人です
一人一人が引き取り
育てています


私は
子供たちに
同じ思いをさせてしまったのかもしれません


ブログを見て


涙があふれ


たまりませんでした




私の心はひとつ

ここにこれたことで

私は決められた


弱い男さん
ありがとう


たとえ
時間は戻らなくても
やれることをやってみます

たとえ
何も報われなくても
いつも 自分らしくいます

Posted by 向日葵 at 2007年03月22日 00:45

だれかをまた 愛せるようになれればいいですね
だれかをまた 信じられるようになれればいいですね

人の寿命はきまっているといいます。
きっと りゅうせいくんは、愛し愛される期間は全うされたのでしょう。

また、違う形でりゅうせいくんにであえると思います。きっと。きっと。

沢山の貴方のぬくもりをいただき、ありがとうございました。心よりお礼もうしあげます。
Posted by お元気でしょうか? at 2009年06月25日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。