【目次はこちらから】
個人的なくだらない家庭の話です。
記事数が多くなってきたので、
目次を作りました。


僕が何を感じたのか
不倫・浮気・家庭・子供・夫婦。
何が大切で、何を守るのか。
感じたことを書いています。



人気blogランキングへ
ランキングにも参加しています。
ポチット応援していただくと
がんばれる力にもなります。

2007年01月19日

琉聖・・・

何も聞こえない。
何も見えない。
何も考えられない。

ただ、琉聖がいない。
目の前に琉聖はいるのに、
彼はもういない。

受け入れられない。
受け入れたくない。


しばらく琉聖を抱きしめていたのだろう。
妻が後ろから僕をひっぱる。


冷静になんてなれやしない。



僕「ひっぱるなよ・・・」

妻「琉聖が痛そうだらか・・・。」



そうだな。
あまり抱きしめたら、
ゆっくり寝られないかもしれないな。


そう思うと、また涙が勝手に出る。
声は出ないのに、涙だけが流れる。

医師が来て、死亡診断書を僕に渡す。
それを素直に受け取るものの、実感なんてまるでない。

振り返るとそこには眠った琉聖がいる。
意味がわからないし、理解できない。

よくわからない説明をしているが
まったく頭に入ってこない。


だけど、それが正式なものなのは知っている。
それをどうしたらいいのかも祖父の時に経験した。



でも。



まだ、いやだった。




小さい彼の体を、もう少し抱きたい。
小さい僕の息子とまだ一緒にいたい。
小さいけど、大きくなった僕の子の
笑った顔や、泣いた顔や、怒った顔や。

もっと見たい。

もっといたい。

もっとふれたい。

まだはやすぎるよ、こんなの。


淡々と、それでも同情しているのか
こちら側を気遣っている医師を目の前に、
僕も妻も、どうにもならない感情を抑えることなんて出来ない。





妻の浮気なんて、完全に頭になかった。





彼がいた事がどれほど大きくて、
彼がいないことがどれほど大きいのか。

それだけでよかったはずなのに、
小さいことでもめていた僕達を
彼はどういうふうに見ていたのか。

申し訳ない気持ちと、
情けない気持ちと。

いろんな感情があふれ出てきて
それは妻も同じなのか、ずっと僕のそばで
二人してどうしようもなくて、

ただ、涙しか出てこなかった。




気がつくと、父が来ていた。
医師や、葬儀屋と電話をしているんだろう。

父から写真だけ持ってくるように言われ、
まだここを離れたくないけど、
いったん家に戻ることにした。

タクシーを呼んでもらい、
琉聖を少し眺めて、少し撫でて、

「すぐ戻るから、心配しないように」

そういって二人で家に戻った・・・・。




病院からたった10分ぐらいの距離。
夜の星はいつもより明るかった。


全部僕のせいだ。


謝ったって、誰も許してくれない。
でも、彼に謝りたい。



ごめん、琉聖。



妻もずっと上を向いている。
家の鍵を開けて、部屋に入ると


「お帰り〜、遅い!」


そういって飛び出してくる琉聖は、やっぱりいなかった・・・・。

人気blogランキングへ

posted by 弱い男 at 10:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | 琉聖
この記事へのコメント
ずっと、読ませてもらっていました。
涙が・・・止まりません・・
Posted by kana at 2007年01月19日 17:26
私も涙が止まりません。。。
そして、言葉が見つかりません。
弱い男さん、これを書くの…辛かったですね。
Posted by yuiyui at 2007年01月20日 01:10
子供を失う・・・こんな過去を書いていて大丈夫でしょうか? 辛かったですね・・・

無理はなさらずに・・・

Posted by ままっち at 2007年01月23日 11:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31680141

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。