【目次はこちらから】
個人的なくだらない家庭の話です。
記事数が多くなってきたので、
目次を作りました。


僕が何を感じたのか
不倫・浮気・家庭・子供・夫婦。
何が大切で、何を守るのか。
感じたことを書いています。



人気blogランキングへ
ランキングにも参加しています。
ポチット応援していただくと
がんばれる力にもなります。

2006年12月27日

なんでもない休日

どれくらいだったか。
彼女の浮気を発見してから数ヶ月がたった冬。

大きい喧嘩もなく、お互いが気遣うようになった。
はっきりと意見を言うことも少なくなり、
それでもお互いがお互いを思うことが多くなった。

それは僕だけなのかもしれなかったが、
それでも3人でいられる時間が増えた。


その間も田中さんとの連絡のやり取りはあった。


彼女は正式に離婚をし、独身になっていた。
仕事も部屋も変えて、新しく踏み出していた。



僕はとどまることを選択していた。
彼女をもう一度愛せる日がくることを信じて。


たぶん、子供のためでもあるが
僕自身のためでもあったのだろうと
今振り返るとそう思う。

保育所では自転車に乗れる子が増えていた。
琉聖も「自転車が欲しい」と言い出した。

3人で自転車を買いに行くことにした。

休日のショッピングセンターは家族連れが多く、
どの家族もみな幸せそうに見えてしょうがない。


一時の状況からはずいぶん落ち着いたが、
それでも二人の間に流れる空気は
時折違和感を感じることも少なくない。

小さな体でもそれを感じているのか、
彼はいつも二人の間に入って、手を繋いでくる。


昔はあまりしなかったことだ。


3人で手を繋いで歩いていると
おそらく周りから見ると、ごく普通の家庭だろう。


「僕はこれがいい!」


そういって彼が指差した自転車は
青色の自転車だった。
4歳児には少し大きい気もしたが
彼が気に入ったのならと購入する。


「ありがとう!パパ!ママ!」


そういって周りの目も憚らず
二人のほほにチューをせがむ。

彼はいつもまっすぐだ。
自分の思いを素直にぶつけてくる。

時にそれは僕を苦しめる。
だけど、それ以上に彼を愛おしく思う瞬間でもある。



小さなその体に、僕は何度となく癒される。
彼がいるからこそ、僕は全てに取り組める。
彼の存在が、相変わらず僕のほとんど。

彼女もそうであってほしい。
変わらずにそうであってほしかった。

今さら言ったってしょうがないが
いつもそんな思いが心のどこかに引っかかる。
彼をどんなに愛していても、
彼女のことが引っかかってイヤになる。


家にいるときは出来るだけ2人を愛した。
外にいるときは、できるだけ忘れるようにした。


それでもたった数ヶ月では
僕の心の奥底の思いは、消えたりなんかしなかった。







自転車の練習に翌日3人で向かう。
子供はおもったより覚えが早く、
まったく乗れなかったのに、
たった数時間でちゃんと乗れるようになる。


まだまだ、1人では危ないけど。
しっかりと自分で乗れるようになる。






あぁ、こうやっていつかははなれるんだろうな。






そう思ったとき、少し心が楽になった。
それは、「別れ」を予感していたのかもしれない・・・。
人気blogランキングへ

posted by 弱い男 at 15:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 一時の平穏な日々
この記事へのコメント
はじめまして!
ちょっとよらせてもらったつもりでしたが、
大変充実したサイトなので、すっかり、読み込んじゃいました。
私も先日、ブログを立ち上げたばかりなんです。
ですので、すごく参考になりました。
また寄らせてもらいます。
よかったら私のブログにも遊びに来てもらえたらうれしいです。
応援★pochi
Posted by 織枝 at 2006年12月30日 00:54
あけましておめでとうございます☆
年明けの更新がまだなかったのでこちらにコメントしちゃいました(^-^)
今年もブログ頑張ってください★
弱い男さんにとって幸多き一年でありますように・・・!
Posted by mai at 2007年01月04日 13:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30383346

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。