【目次はこちらから】
個人的なくだらない家庭の話です。
記事数が多くなってきたので、
目次を作りました。


僕が何を感じたのか
不倫・浮気・家庭・子供・夫婦。
何が大切で、何を守るのか。
感じたことを書いています。



人気blogランキングへ
ランキングにも参加しています。
ポチット応援していただくと
がんばれる力にもなります。

2006年12月18日

初めてのこと。


「私だって一生懸命努力してた!
 戻す為に努力したでしょ!
 髪も黒く染めたし、
 子供のことも前よりちゃんと見れた!
 もう、浮気はしないって決めたのに!」




結婚するときに言っていただろう?
「浮気は別れてからしてね。」
お前が言ったんだ。

わかってるのか?
何を壊して、何をしたのか?


「惹かれたから。楽しかった。」


浮気がばれたとき、
お前は確かにそういった。
どれほどその言葉が、俺を痛めつけたか・・・。

「もう出て行く!無理よ!」



俺はそれをずっと言わずに我慢していた。
俺だけの為じゃない。

今家を出て行って、どこに住むんだ?
子供の保育園はどうなるんだ?
生活費はどうするんだ?
離婚後の親権はどうするんだ?
子供になんていうんだ?


まだ、誰か養ってくれる人がいるのか?


いろんな思いが僕をいらだたせる。

「出て行くのはかまわない。
 だけど、今、それは出来ないだろう。
 子供だって寝ている。」



彼女は瞬間的に答えた。



「知らないわよ!
 一緒にいたくない!」



だめだ、抑えられない。
彼女の言動に、反省が見えない。



「俺の台詞だ!
 お前みたいなヤツを
 守ろうとしたのが馬鹿だったよ!」


「出て行くなら1人で出て行け!
 二度と、俺の前に顔を出すな!!」



それでも彼女は寝ている子供の部屋に向かう。



「何してる!」


部屋に向かう彼女の腕をつかむ。
たぶん、きつくつかんだ。


「痛い!離して!」


無理やり解こうとするが、
僕はますます強くつかむ。


「こんな真夜中に、
 子供をつれてどこ行くんだ!」


彼女が僕をにらんで言い返す。
















「あなたには関係ない!!!」












抑えられなかった。
勝手なことばかり言う彼女に。
人として許せなかった。

小さな子供を、自分の子を
どうなるかわからない環境に
自分から投げ入れる言動に。



産まれて初めてだった。



強くつかんだ手に、いっそう力が入る。
彼女を強く引き寄せて、力いっぱい彼女を叩いた。

若干理性がまだあった。
平手打ちで右ほほを殴った。


「痛い!何するの!」


そういって振り返る彼女の左ほほを殴った。


「お前がしたことはこんなもんじゃない!
 一生ものの傷を、トラウマを子供に植え付けるんだぞ!」


反動で戻ってきた彼女の右ほほをぶつ。


「痛い!やめて!」


「そんなことさえ、子供は言えないんだぞ!
 二人っきりなら別にかまわない!
 だけど、だけど・・・」



それ以上言葉が出ない。
大好きだった彼女を、殴っている自分が許せない。
平気で僕と子供を裏切った彼女が許せない。

怒りより、憎しみより、
今こうなてしまった大切な家族が
守るべき大切な家族が、
なくなってしまうことが悲しかった。



涙で前が見えない。
DVと言われて、離婚がふりになったとしても
それでも別にかまわない。
彼女が僕の大切な子供をそだてるのなら、
そのために彼女がちょっとでも変わってくれるのなら
子供が彼女といて幸せになってくれるのであれば、
僕はどうなったってかまわない。

会いたい子供に一生会えなくたって、
彼が幸せになってくれるのならそれでいい。



だから、彼女の行動が許せなかった。



左、右、左、右・・・。



彼女の口から声が出なくなった。
抗うこともやめた。
手が、心が痛かった。




「ごめんなさい・・・」



ポツリとそうつぶやいた、彼女。
何に対してあやまっていたのだろうか。

「ごめんなさい・・・。」

「ごめんなさい・・・。」

「ごめんなさい・・・。」



そう連呼する。

やってしまった。
絶対に手だけは上げないと誓ったのに。
僕は弱かった。守れなかった。
彼女が壊したように、僕も壊してしまった。



もう戻らない、戻せない。










それならせめて、別れるまでは
子供にとって最高に幸せだったと
記憶に残るような家庭にしよう。

彼女がどう思うか知らないが
僕だけでは出来ないことだから、
彼女にもそれを話そう、してもらおう。



泣きじゃくる彼女と、泣きじゃくる僕。



座り込んだ彼女の前に僕も座り込む。
彼女が落ち着くまで少し時間をかけて
ゆっくりと、でも確かな口調で話をしだした・・・。

人気blogランキングへ

posted by 弱い男 at 12:49 | Comment(18) | TrackBack(0) | 君が憎い
この記事へのコメント
たまに見にきています。どうしても一言言いたくて初めてのコメントです。
暴力はどんな理由があれ絶対やってはいけないと思います。人として最低です。
圧倒的に女より男の方が力が強いのに。自分の心の痛みをわかってもらうのに
何発も殴る必要がどこにあるんでしょうか?引き止めようとして
聞いてくれなくて気が付いたら殴ってたというのはおかしくないですか?
暴力の理由を後からいくら言ったとしても言い訳にしか聞こえません。
殴った後で子供の為に別れるまでは幸せな生活をする?それは貴方の
自分勝手な考えじゃないですか?殴られた方は恐怖の感情しか残らないのに。
警察をもし奥さんが呼んでたら傷害罪で捕まってもおかしくない行為ですよ。

不適切なら削除してください。
Posted by neko at 2006年12月18日 18:40
ブログを通じて色々情報交換できたら、
楽しいですよね。

自分も『どこよ』の中でブログ書いてますので
もしよかったら遊びに来て下さいね
Posted by taka at 2006年12月20日 13:38
で、
今現在、奥さんとの関係はどうなんですか?
Posted by 名無し at 2006年12月20日 18:36
初めてコメントします。
私もnekoさんの意見と同じです。
私も元夫に手を上げられた事があります。
元夫が後で泣こうが謝ろうが、
恐怖心しかありませんでした。
理由は確かに奥さんが悪かったと思います。
でも暴力では何も解決になりません。
私は今でもテレビ等の暴力シーンを見ると、
思い出し震えたりします。
Posted by y at 2006年12月20日 20:43
男には暴力も必要です。
最近の若い男は暴力も揮えないから舐められるのです。
馬鹿な女の暴力反対の声に耳を貸すことはありません。
Posted by 暴力も必要 at 2006年12月21日 01:58
書いてらっしゃる人の事を何もしらない
現場に居合わせた事もない
いつの事なのかどういう心境だったのか
顔もなにも、なんの事情も知らず、ただブログを読みに来ているというただそれだけで
暴力はいけないだのなんだのと勝手に文句言うのは
言葉の暴力じゃないんでしょうか。
読んでて辛かったら、もう来なければいいという選択もあるという事を頭におけばいいと思います。
Posted by ちこ at 2006年12月21日 08:15
何もしていない相手に暴力を奮うのはよくないでしょう。

しかし、しっかりした理由をもった上での暴力は(暴力とはいいたくない)必要だと思います。

悪いですが、奥様はそうされないとわからない。
普通、浮気したら殴られるくらい仕方がないことじゃないですか。

浮気をされた方は、もっともっと深い傷を負っているのですから。

人は一人では生きていけません。
ましてや、家族は運命共同体です。
家族の安全や希望を守るために、たまには力で抑えることも必要です。
口で言ってわかるような奥様ではないと思います。

今回の暴力は、虐待やいじめなどの暴力とは全然性格がちがうはずです。
Posted by 青 at 2006年12月21日 09:20
暴力も必要?
おかしな人がいるもんですね。
今DVに苦しめられている人、多いですよね。きっとここで必要だとかのたまってるような人が旦那さんもしくは恋人なんでしょう。
お気の毒に。
弱い人や頭悪い人ほど暴力ふるいがちですよね。。
Posted by 。 at 2006年12月21日 10:27
弱い男さんは、
どんな理由があるにせよ暴力はいけない、
どんな言い訳も通用しないということは、
重々承知されてらっしゃるんじゃないんでしょうか。

だけど、
頭でわかっていても手を上げてしまった、
その事実をありのままに綴ってらっしゃるのだと思うのですが・・・。

暴力は絶対に許されないことだけど、
必要なのは暴力をふるってしまったという許されない過ちに対して、今、弱い男さんがどう考えてらっしゃるかなんじゃないかなと、
思いました。

この事実に対して一番後悔してるのは、
弱い男さんなのではないでしょうか・・・?
Posted by 主婦。 at 2006年12月21日 11:41
ちこさんと青さんの意見に同感します。
心の傷の方がずっと重いし辛い。消えない。
弱い男さんとは立場が逆ですが、私も昔彼氏がいるのに 他の人とキスをしてしましました。
ボコボコにされて恐怖でした。しばらく怖かったです。
でも別れてしばらく経ちますが、私の傷は消えましたが彼の心の傷はこれから一生消えないと思うと本当に申し訳ない思いをさせてしまったと今でも思います。償いきれません
Posted by 名無し at 2006年12月21日 12:37
>みなさんへ

暴力は絶対いけないことだと思っています。
まして、力の強い男が女あいてに暴力を振るうのは
言語道断だと思っています。
それは当時も今も変わりません。

彼女が浮気をしただけでは
たぶん殴ったりしてなかったでしょう。
現にその事実だけのときは殴らなかった。

彼女を本気で殴ったのは後にも先にもこのとき限り。

僕は今でも手を上げたことを
少なからず後悔はしています。

それでも彼女を殴ったのは
感情的な部分はあるものの
子供を巻き込んだ彼女の行動を
人として、父として、敵とみなしたのかもしれません・・。

よくよく考えると、
手を上げたとき、あげそうになった時、
その全てのときに、子供のことが絡んでいます。
彼を傷つけるのならば、僕は武器を持ちます。
わが子のことを思う父なら、だれでもそうだと思います。


ただ、それが彼女ではあってほしくなかった。
それもまた僕の本心です・・・。
Posted by 弱い男 at 2006年12月21日 15:37
Posted by 。 at 2006年12月21日 10:27

この人、頭が悪そうね。
浮気しても、暴力反対だって?
バッカじゃないの?
Posted by バッカじゃないの? at 2006年12月21日 17:12
顔も事情も知らずに…というけど 顔も素性も 本名も性格も何もかも 分からず 知らないのを承知で 読むのがblogなんじゃないん?感情もわからず、ただの文章の上だけの話しやん。それを読んでどんな感想を書こうとな、どんなコメントを書こうと 自由やんけ。管理人を誹謗中傷するような内容や blog自体を否定するようなコメントはあかんと思うで。今回の記事で言うなら 暴力についてが主な内容と思えば 暴力について こうだ、ああだと書き込むのがコメント欄の意味やん。そら、いろんな意見があるんやから、それはええんちゃうの?見に来なければとかいう 意味がわからんわ。管理人にた対して エール送ったりするだけがコメント欄の役目ちゃうで。なぁ 弱い男さん せやんなぁ?みんなの いろんな意見聞きたいやろ?
Posted by えみ at 2006年12月21日 22:18
人それぞれ、考え方も色々なので皆さんの意見を肯定も否定もしません。
私は、たぶんこのコメント欄では一番の年寄りだと思うので、考え方は古いし、かたいと思います。

このブログを読む限り、私の印象は、奥様からの反省は感じられません。弱いさんが、家庭をお子さんを守ろうとなさるなら、奥様は目を覚まさなければならないでしょう。
結婚生活というのは、山あり谷ありです。
いつもいつもラブラブなんて事はありません。
お互いの肉親の事で、揉める事もあります。
お金の事もで言い争いになることもあります。
しかし、それはお互いが愛し合い、信頼しあえているからこそ乗り越えられるのではないでしょうか。
それが、家族を大切にする心だと思います。

奥様の場合、まだこの家族を大切にするということが、どれだけ壊れやすく、守りにくいものかということをまだわかっておられなかったんだと思います。

髪の毛を黒くしたり、友達と出会わなかったりで、反省の気持ちを著そうとしておられますが、もう子供ではないのですから、自分はこの家庭の屋台骨だということに気がついてほしいですね。
親である、弱いさんと奥様がぐらついていてはいけないということを。

弱いさんは、奥様に暴力を奮った事を後悔なさっています。

口で言って奥様が、わかってくださればよかったのですが、どうも無理だったように思いました。
まったくの赤の他人さんに、暴力を奮うのではなく、愛するお子さんを守るために、なさった事。何も、奥様に勝とうとか、押さえ付けようとかではないはず。

奥様が、心から反省され、もっともっと大人になられることを祈ります。
Posted by 青 at 2006年12月21日 23:50
>みなさんへ

コメントは基本的にどうかいてもらっても結構ですよ。
誹謗中傷も全然かいませんよ。
全てが僕にとってのいい意味での意見だと思いますから。
人それぞれ考え方に違いがあって当然で、
そんないろんな意見の中で僕なりに解釈して
糧にしていきたいと思っていますから。

ただ、コメントを入れた人に対する
批判や誹謗中傷はやめていただきたいですけどね。
Posted by 弱い男 at 2006年12月22日 00:03
ここを一瞥して分かるように、文体というのはその人を浮き彫りにします。
コメント欄はエールを送るだけの場所だとは誰も言ってません。
顔が見えないからこそ、「思いやりのある言い方」や、「礼儀が大事」だと言っているのです。
物事の見方を間違わないで欲しいです。
Posted by ちこ at 2006年12月22日 08:29
そらそうやね、でも管理人が言う通りや。コメントに対しての意見はしない方がええんちゃうの?そう言われてもなお コメント書き返しするのが すごいわぁ。まぁ えぇけどな。
そして弱い男さん、あんた偉いなぁ。なかなか言えんで、誹謗中傷でも 自分の糧にするって。あなたの言う通りやな、コメント欄どうしの しょーもない言い合いなんか あなたにとってはどーでもいい事なんやもんね。迷惑以外の何もんでもないわな。それについては 弱い男さん あなたには謝る。ごめんなさいね。これからも 毎日見るでぇ(笑)更新頑張ってなっ(^O^)/
Posted by えみ at 2006年12月22日 12:04
う〜ん・・・
暴力はまずいと思います。
心に傷をつけるということでは
浮気も暴力も同じ行為ですよね。
何かあるごとにあなたが
「お前が大事な家庭を壊したんだ」
と奥様を憎むように
今度は何かにつけて奥様の方が
「あなたが決定的にだめにしたのよ」
と言ってきてもしょうがないように思います。


Posted by バニラ at 2006年12月26日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29857577

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。