【目次はこちらから】
個人的なくだらない家庭の話です。
記事数が多くなってきたので、
目次を作りました。


僕が何を感じたのか
不倫・浮気・家庭・子供・夫婦。
何が大切で、何を守るのか。
感じたことを書いています。



人気blogランキングへ
ランキングにも参加しています。
ポチット応援していただくと
がんばれる力にもなります。

2006年11月21日

俺の子を泣かすな!!!!

ちょうど妹の家の玄関で靴を履いていた。
呼び鈴の音とともに現れたのは、妻だった。

平気で僕の肉親の家に来られる神経が理解できない。

いっしょに玄関で靴を履いていた僕の子供。
僕の顔が一瞬にして引きつった笑顔に変わったのが
明らかに自分でもわかる。

子供も気づいている。

妻の姿がとても憎く、腹立たしく映ったから。
僕の顔も一瞬にして冷たい顔に変わった。


だからいったんだ。
僕だって人間だ。
抑えられない感情がある。
たとえ声に出さなくても、
態度で示さなくても、
そういう空気をまとうのがわかっていた。

何も話もせずに玄関を出る。
周りを見渡すと、妻の家族らしき姿はない。
それだけは守ってくれたのか・・・。


いや、それにしては到着が早すぎる。
おそらく少し離れた場所で待っているのだろう・・・。


僕「・・・駅でって言っただろう?」

妻「・・・・・。」


無言の妻は浮気がばれた当初の顔だ。
ふてぶてしく、自分勝手で、傲慢な顔だ。
子供の気持ちよりも、自分が子供を抱きたい。
それだけの感情しかない、そんな顔だ。


僕「荷物もあるから、車で待っていてくれ。」


そういって、車の鍵を渡し、
子供を妻に預けた。
まだどこかで信じていたのだろう。


僕がバカだった。



荷物をまとめて車に戻ると、
鍵はついているものの、誰もいない。

少し遠くに妻の兄の車が見える。

その車の中に、妻と子供の影が見える。


「琉聖かわいそうに。」

「ママと一緒のほうがいいよね。」

「琉聖大丈夫だった?」


そんな会話をしているのが想像できる。
うまく表現できないが、そういう家族だ。
子供の前でそんなことを言っても、
まだ別れてもいないのに、そんなことを言ったら、
不安がるだけでしかない。

それでも、自己満足の自分勝手な判断で
おそらくそういう会話をしているのがわかる。


だから、いやだったんだ。
だらか、1人で来いって言ったんだ。



そう思うと、感情が抑えられなくなった。



無言で彼女の兄の車に近づいた。
窓をのぞくと、車の中には妻の兄と嫁。
そして、妻の母親が乗っていた。

どんな話を聞いているのか知らないが、
明らかに妻の味方だろうという、目をしていた。
僕に対して、「子供がかわいそうだろう」
そう言いたげな目をしていた。



また、感情が膨れ上がる。



僕「・・早く、帰るぞ。」

妻「プール行きたいって言うてるやん!」

僕「・・わからんのか?こいつなりに気を使ってるのが?!」

妻「・・・勝手やん!そんなん!」



妻の母親が口を挟む。



妻の母「親の勝手で子供を巻き込まないでね!」








お前ら、見えているのか?
そういって抱きかかえている俺の子が、
どれほど傷ついているのか。

お前ら、知っているのか?
あの日あの時の妻のふてぶてしい態度を。

お前ら、感じているのか?
今まさに抱きかかえている俺の子が、
子供らしからぬ泣き方をしているのが。


声を殺して、唇を噛みしめて
俺と、妻と、お前らの感情を感じて
自分を殺して、耐えているのが。


自分勝手だと、そんなことも見えなくなるのか?



震える。感情を抑えるのが限界だ。
子供の前でだけは荒げたくないのに。
僕の神経をお前らが逆立てる。

何より妻が逆立てる。



無言のまま、琉聖を抱きかかえる。
妻の母は強く抱き抱え、離そうとしない。
それでも1秒でもここにいて欲しくない。
子供をぎゅっと抱きしめて、抱きかかえる。

子供はそれでも妻を見る。

どれほど妻を信じて、愛しているのか。
自分が妻に裏切られていることも知らず、
まっすぐにただ妻を求める。


痛い。


こんなにも痛いなんて。
心が傷つくことがこんなにも痛いなんて。
子供の我慢した泣き顔が、こんなにもつらいなんて。


子供の妻を求める手を、
僕には強く振りほどくことが出来ない。

子供は妻に抱きかかえられ、
声を抑えて泣いている。


子供だから泣きじゃくってもいいのに。
ぐっと我慢して泣いている。
声も出さずに、我慢している。


子供ですら、我慢しているのに
妻は声を出して泣きじゃくっている。


妻「何で!何で!」



だから、いったんだ。
1人で来てくれって。

いつもいつもそうだ。

俺よりも自分。
なにより、俺の子の感情より、自分。

こうなることぐらい簡単に予想できないのか。
お前が家族と来たこと自体が、味方が欲しかったエゴだろう?
1人で来る勇気がなかっただけだろう?
攻められるのが怖かっただけだろう?



俺の子は、全部受け入れなくてはならないんだぞ?
自分のことなんて言えやしないんだぞ?

つらくたって、いやだって
全部、全部我慢しなくちゃいけないんだぞ!



言葉にならない。
言葉が出ない。



とにかく子供をゆっくりさせたい。
妻と子を連れ、自分の車に乗せようとする。



妻の兄が駆け寄ってくる。



妻の兄「なんでや?なんであかんのや?」

僕「・・・後で説明する。今は帰る。」

妻の兄「何でや!はっきり言えや!
    俺の子も楽しみにしとんのや!」



彼には彼の子供が大事。
それはよくわかる。
だけど、俺には俺の子が一番。
だから、ここで声を荒げないでくれ。



僕「頼む。今は、冷静に話せない。」

妻の兄「くっ・・・!後で電話入れろよ!」


だれが、入れるか。
お前ら兄弟も、家族も
誰一人として感じてないだろう?
俺の子がどれほど傷つき悲しんだか。



泣かすな。二度と。
俺の子を泣かすな。



この子を泣かすのなら、
全てを捨ててお前らを攻撃しても後悔しない。
それほど、この子は俺にとって大切なんだ。





子供は相変わらず感情を抑え、
それでもあふれる涙を抑えられずに
妻に抱きかかえられている。

妻と子をようやく車に乗せることが出来た。
妻の実家に荷物を取りにむかいながら
僕の感情は、一向に収まることは無かった。
人気blogランキングへ

posted by 弱い男 at 11:08 | Comment(12) | TrackBack(0) | 夏休み
この記事へのコメント
どうしようもない奥さんですね。奥さんの家族も・・・
見ててほんと腹立ちます。
雅哉さんの気持ちがすごくわかります。
琉聖君の気持ちも私が幼いころと似ていてすごく辛いしかわいそうだなと思います。私の父親も雅哉さんみたいな気持ちのわかる父親だったらよかったなぁ・・と思いました。

Posted by maiko at 2006年11月21日 12:45
はじめまして、のりです。
難しい問題ですね。
子供にとって今の状態はとても悪いですね。
悪いのはもちろん奥様ですが、子供にとってはお父さんが原因に見えるでしょう。
4歳の子供には母親がすべてで、母親につらくあたる父親は悪者にみえると思います。

かわいい子供に育ったのは奥様がいたからなのです。
子供の世話も、あなたの事も、奥様がいるから安心して仕事ができたのではないでしょうか?子育ては大変です。だからといって、浮気は許される事ではありません。
でももう少し奥様の話を聞いてあげてください。
辛いでしょうが冷静にやさしく、怒りをもった人には、話したくても話せないのです。その原因が自分ならなおさら。

子供を一番に考えるのであれば、辛くともがんばってください。子供のためと思って、いつか自分のためにもなると信じて。
母親がよく笑う子供はよく笑います。
子供には、母親の笑顔が必要です。
母親には、夫の笑顔が必要なのです。
いつか心から笑うことができる家族にがんばってください。


Posted by at 2006年11月21日 13:29
はじめまして。
偶然このブログに出会い、一気に読ませていただきました。

「何でわからないんだ」という感情が怒りに拍車をかけているようですが
所詮夫婦は他人で、話さなければ考えていることなどわからないと常々思っています。
うちの主人は口べたでなかなか自分の思いを話すことがなく、
私がいつも一人空回りしているような気がしていますが
それでも話しているうちに自分自身も気持ちが整理されて、ケンカをしても冷静になれます。
ぜひ心を閉ざさずに思っていることを話してください。
後で「こう思っていたんだ」と言っても手遅れだと思います。

うちも夫婦でケンカをすると、子供が「3人がいいから笑って」と言います。
他人事とは思えずに書き込んでしまいました。
Posted by hachi at 2006年11月21日 14:23
「俺の子供を泣かすな!」
「俺だって人間だ!」
「俺の子が!」
自分が一番なのはアナタも奥様も変わらないと思います。

今日の日記には、アナタにも
「子供を渡したくない」「妻の味方につけたくない」
というエゴが見えました。
お子さんにとっては、「3人が揃う」事が重要だったはず。

「俺だって人間なんだ」という理由はアナタのエゴです。
奥様だって人間です。

以上、今日の日記の感想です。
Posted by maria at 2006年11月21日 14:43
わかります。
人の神経を逆なでする人間っていますよね。
そういう人間は突然変異ではなく、育った環境なんでしょうね。そういう人の家族もみな同じような気がします。
Posted by at 2006年11月21日 17:53
「自分が一番」
誰でも持ってる気持ちだと思います。

ただ、原因を作った奥さんが、自分から話し合いの場を作ろうという姿勢が感じられないのがツライですね。
本当に許して欲しいのであれば、自分から
「今後はこうするから」という発言・謝罪をしてもらわないと、弱い男さんから「こうしてほしい」という提案ばかりでは、一時的な解決にしかならないと思います。
そして、その提案に対しての奥さんの曖昧な返事や無言は、益々イライラさせる原因だと思います。
自分の意思として発言できない部分に、反省の深さを感じられません。
「言われたから」「言われた事にYESと言えば許される」というのでは、自分から決意・反省していないので、また同じ事を繰り返すと思います。

少なくとも、今の段階で、
自分の家族を連れて来て、この状況は
話し合う姿勢が感じられないですね。

「夫婦も所詮他人」という発言もありましたが、
その通りだと思います。

だからこそ、言いたい事はきちんと言わないと。

一方的に「こうして欲しい」というのではなく
お互いがきちんと「話し合い」をしないといけないと思います。




Posted by まさ at 2006年11月21日 20:45
「自分が一番」
誰でも持ってる気持ちだと思います。

ただ、原因を作った奥さんが、自分から話し合いの場を作ろうという姿勢が感じられないのがツライですね。
本当に許して欲しいのであれば、自分から
「今後はこうするから」という発言・謝罪をしてもらわないと、弱い男さんから「こうしてほしい」という提案ばかりでは、一時的な解決にしかならないと思います。
そして、その提案に対しての奥さんの曖昧な返事や無言は、益々イライラさせる原因だと思います。
自分の意思として発言できない部分に、反省の深さを感じられません。
「言われたから」「言われた事にYESと言えば許される」というのでは、自分から決意・反省していないので、また同じ事を繰り返すと思います。

少なくとも、今の段階で、
自分の家族を連れて来て、この状況は
話し合う姿勢が感じられないですね。

「夫婦も所詮他人」という発言もありましたが、
その通りだと思います。

だからこそ、言いたい事はきちんと言わないと。

一方的に「こうして欲しい」というのではなく
お互いがきちんと「話し合い」をしないといけないと思います。
Posted by まさ at 2006年11月21日 20:49
はじめまして。
はじめからまとめて読ませていただきました。

途中涙があふれましたが、奥さんへの怒りで涙がひきました。

私達夫婦は再構築しはじめて私が妊娠、夫と抱き合って喜びましたよ。
でも、7ヶ月のときに、夫は一旦別れた相手とまたよりを戻していました。
そんなことも私は知らずに、両親学級に一緒に行っては呼吸法の練習したり幸せでした。夫はいい夫を演じてましたよ。

産後家に戻ってすぐに発覚し、夫は女と人生を歩みたいと言いました。けれど女には子供のことを隠していて、女に言ったら、半狂乱になって泣かれ、距離置かれました。

子供は4ヶ月になりました。
夫は女からは無視されてるみたいです。
これから再構築に向かうのか、、夫からはなんの言葉もなく、日々過ぎていきます。

自己中な人は、どこまでも自己中です。

目の前で笑って話す夫の心が理解できません。

でも今は子供は両親そろって育てたい一心で気持ちを抑えています。

子供に対する気持ち、奥さんに対する気持ち
とても重なるものがあり、思わず書き込みさせていただきました。

今後も読ませていただきます。
お互いがんばりましょう。
Posted by ゆうき at 2006年11月22日 15:57
理想論かもしれませんが…奥さんは雅哉さんに許しを請わなければいけない立場です。
雅哉さんの納得のいく行動をつらくてもしなければ、雅哉さんも彼女の反省を感じることができないでしょう?
で、雅哉さんも奥さんがそうであれば納得できなくても三人でいる選択を考えられるんだと思います。
まずは浮気の反省を奥さんがしなくては…
結局、雅哉さんがつらいのはかわらないかもしれませんが。
Posted by さち at 2006年11月22日 19:32
理想論かもしれませんが…奥さんは雅哉さんに許しを請わなければいけない立場です。
雅哉さんの納得のいく行動をつらくてもしなければ、雅哉さんも彼女の反省を感じることができないでしょう?
で、雅哉さんも奥さんがそうであれば納得できなくても三人でいる選択を考えられるんだと思います。
まずは浮気の反省を奥さんがしなくては…
結局、雅哉さんがつらいのはかわらないかもしれませんが
Posted by さち at 2006年11月22日 19:33
>Maikoさん

伝わらないことがつらいです。



>  さん

話を聞くつもりがあっても、
彼女の態度から本当の謝罪の意を感じられません・・・。
それさえあれば・・・。


>hachiさん

伝わらないのはしょうがないですが、
人間ならやったことに対して
本当に心から謝罪をするべきです。
僕ではなく、子供に。
Posted by 弱い男 at 2006年11月22日 21:09
>mariaさん

何がかわらんのでしょうか?
傷つけたことを楽しんだ妻と
傷ついた僕と子供と。

渡したくないという感情は当たり前です。
3人が揃うことも当たり前です。

それを壊したのは妻です。
それと僕の思いが同じ?

嫁が人間?
虐待と変わらないことをした人を
保護するつもりはさらさらありません。
ただ、心から詫び、改心するのなら聞きますが。


>  さん

環境と生き方でしょうね・・・。


>まささん

そこですね。
それさえあれば一歩でも進めると思っていました。
彼女から主導的に物事を前向きに考えて、
後悔し、認め、変わるのなら・・・。


>ゆうきさん

自己中心的な考えが全て悪くはないでしょうが、
守るべき人、信じている人を裏切ることは許せない。
まして、自分の子供です。
浮気は完全なる犯罪だと認識してほしいものです。


>さちさん

まさにその通りです。
反省し、侘び、認め、改心する。
それが最低限の再構築の条件でしょう。
それだけを伝えたかった・・・。
Posted by 弱い男 at 2006年11月22日 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。