【目次はこちらから】
個人的なくだらない家庭の話です。
記事数が多くなってきたので、
目次を作りました。


僕が何を感じたのか
不倫・浮気・家庭・子供・夫婦。
何が大切で、何を守るのか。
感じたことを書いています。



人気blogランキングへ
ランキングにも参加しています。
ポチット応援していただくと
がんばれる力にもなります。

2006年11月10日

僕の実家で

僕が妻の実家に足を入れたくないのと
同じかどうかは別として、
妻も僕の実家に入ることは嫌がるだろう。

僕も入ってほしくないし。

となると、どこかで妻をおろさなければならない。
幸い、子供が眠っているので、何事もなくおろせる。

僕の勝手な考えだけど・・・。


僕「適当におろすで、勝手に帰れよ。」

妻「・・・・うん。」

僕「そこらへんでええやろ?」

妻「でも、起きたとき琉聖なんか言わんかな?」

僕「・・・。起きてからの方が胃言うんちゃうか?」


どっちかなんてわからない。
ただ、寝ている間に妻には降りてもらうことにした。

妻が車から降りて、しばらくして子供が起きてきた。


琉聖「・・・ママは?」

僕「ママは用事があって、ママのばぁばの家に帰ったよ。」

琉聖「ふ〜ん・・・。」


そういって、彼は窓の外を見る。
僕の実家近くの見慣れた風景で、
いつも通る道だった。

そこにはいつも大きな犬がいて
通るたび、彼は聞いてきていた。


琉聖「おっきい犬やね!僕とどっちが大きいやろか!?」


笑って僕と妻は答えていた。


僕「どっちかな〜(笑)」

妻「犬ちゃう?もうちょっとで琉聖のがおっきくなるよ(笑)」



この日の彼は犬を見ても何も言わなかった。
ただだまって窓の外を見ていた。
その後姿が心苦しくて、いろんな思いがめぐる・・・。

こんな思いを彼にはさせたくない。
妻は何故、そんなこともわからなかったのだろう。
子供にとって両親がどれほど大きいか。

そんなことを思いながら数分で実家に着いた。


車を降りて、実家に入るときも
子供はどこか落ち着きがない。
というより、話をしない。


家に入ると妹とその子供がすでにいた。
ちょうど僕の子供と同じ年齢の子供だ。

いつもならたわいない会話を
子供同士ではじめるのだが、
今日は何も話そうとしない。

手に持っているゲームを黙々とやりだす子供。
妹の子供は状況がわかっていないので、
うちの子供になんだかんだと話しかける。

それでもうちの子供は黙々とゲームをする。

感じたのか妹が聞いてくる。



妹「にぃちゃん。琉聖どうかした?」

僕「ああ。俺ら離婚するかもしれへんねん。」

妹「え?何があったん?」

僕「いろいろと・・・。」

妹「そうか・・・。それでか・・・。喧嘩とかしてんの?」

僕「・・・そうやな・・・。」

妹「浮気したん?」

僕「・・・俺はせえへんよ・・・。」

妹「え!?亜紀ちゃんが!?」

僕「今は話したくない・・・。」

妹「・・・なにそれ!何で・・!」

僕「今はわからん。それより琉聖が心配や・・」

妹「・・・ちょっとおかしいもんね・・。」



ちらっと二人で琉聖をみると
何も語らずにもくもくとゲームをしている。
妹の子供は琉聖を外に誘っているのだが、
一向に話を聞こうとしない。



妹「そんな話聞くと、みてられへん・・。」

僕「・・・。」

妹「亜紀ちゃんに電話したるわ!」

僕「やめてくれ。今はまだ・・。」

妹「にぃちゃんがそういうなら・・・。」

僕「・・・。」

妹「・・・今日、川行く?」

僕「あぁ。昨日まで楽しみにしとったからな。」



そう答えると、妹は琉聖に話しかけた。



妹「琉聖くん。川に遊びに行こうか!」

琉聖「・・・・いかへん・・・。」

妹「きれいな川で、泳ごうよ!」

琉聖「・・・いかへん・・・。」

妹「どうして?楽しいよ?」

琉聖「・・・いかへんねん・・・」



見てられない。
自然に胸がいっぱいになる。
彼の複雑な気持ち、不安な気持ち、
やりきれない気持ちが、伝わってくる。



それでも外の空気を吸わせたくて、
ほとんど無理やり琉聖を連れ出した。

泣きじゃくったり、文句をいったりはせず、
ただ無言で僕の車に乗り込んだ。
妹とその子供も一緒に、川に向かった。


ちょっとでも楽しませてやりたかった。
だけど、彼の心には大きな大きな穴が開いてしまっていた。
人気blogランキングへ

posted by 弱い男 at 16:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | 夏休み
この記事へのコメント
きっとママがいないから、三人じゃないから寂しかったんでしょうね。
でも、言ってはいけないこと理解していてと幼いながら自分の心で消化しようとしていて苦しいのですよね。
主さんだけが我慢すれば済むんじゃないの?と思う半面、主さんの苦しみが読んでいて伝わるだけになんともいえません。
Posted by さち@ at 2006年11月10日 19:02
>主さんだけが我慢すれば済むんじゃないの?

これだから女は・・・
これだから馬鹿は・・・

疲れるんだよね。
Posted by 浮気女は身勝手 at 2006年11月11日 06:57
>さちさん

我慢できることと出来ないこと。
人として許せることと許せないこと。
譲ってはいけないこととそうでないこと。
線引きは僕の存在理由だと思います。
彼女を許すなら、彼女のそれを理解してもらう。
たぶん、難しいと思っています。


>浮気女は身勝手さん

一般的に身勝手な人は
相手を傷つけることを簡単に選択します。
ただ、人としてその後が大切で、
どう解釈し変化していくか・・・。

変わらないのなら本当のバカだと思っています。
もちろん、僕も含まれています。。。
Posted by 弱い男 at 2006年11月11日 12:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。