【目次はこちらから】
個人的なくだらない家庭の話です。
記事数が多くなってきたので、
目次を作りました。


僕が何を感じたのか
不倫・浮気・家庭・子供・夫婦。
何が大切で、何を守るのか。
感じたことを書いています。



人気blogランキングへ
ランキングにも参加しています。
ポチット応援していただくと
がんばれる力にもなります。

2006年11月06日

アルバムを見ながら

朝方の6時過ぎ、妻が起きてきた。
季節は夏を迎えようとしていたが、
まだまだ日が昇る直前で、
ちょっと薄暗い中、起きてきた。


妻「・・・・帰ってたんだ。」

僕「・・・・ああ。」

妻「・・・・遅かったね・・。」

僕「・・・・ああ・・・。」


妻の顔を見ることなく、返事をする。
正確には見なかったんじゃない。
見れなかった。最近、見れないでいる。

洗面所に向かい、顔を洗う、妻。
一睡も出来ないまま、朝をむかえたんだと
ようやく気づく僕がいた。

洗面所から戻った妻は、
何を思ったのか僕の横にちょこんと座った。


妻「アルバム見てたの?」

僕「ああ・・・。ちっさいな。」

妻「大きくなったね・・。」

僕「そうだな・・・。」


はっきりと会話は覚えていないが、
ぎすぎすした空気ではなく、
二人久しぶりにゆったりとした空気を感じた。


妻「・・・・。」

僕「・・・・。」


しばらくたわいない会話をし、
ゆったりとした空気を感じていたが、
それでもやはりそばにいると感じてしまう。
彼女が僕を裏切ったこと。
僕の彼女に対する感情が変わったこと。
そして、彼女の中でも何か変化があったことを。


妻「ごめん・・・。」

僕「・・・・。」

妻「ごめん・・・。」


ずるいな。
今、この空気の中だと信じてしまいそうになる。
もともと好きで結婚した。その人が言う。
この空気の中で、「ごめん」と。

簡単に嫌いになんてなれやしない。
女々しいかもしれないが、簡単には変わらない。

僕は不器用な人間だ。
そう簡単に自分を騙せない。
数週間前まで、心から守りたいと思っていた。



騙されたことは事実で、
だけど子供とは一緒にいたくて、
彼女のことはどこかでまだ愛していて、
それでもただ苦しくて・・・。


壊れそうなぐらい複雑な感情が
今まで感じたことのないほどの感情が
それを苦痛と呼ぶのが最も妥当な感情が
僕をぎゅっと支配していく。


やりきれない。


妻「私はあなたを裏切ってしまった。」

僕「・・・・。」

妻「だけど・・・。」

妻「できるなら、このまま家族がいい・・。」





勝手な。
自分で壊しておいて、勝手な。
あっちがダメならこっちか?
それとも、ただ遊びたかっただけか?

どちらにせよ、お前が変わらない限り
不安でしょうがないまま、生活をするのはごめんだ。




僕「もうちょっと時間が欲しい。
  分かれるにしろ、やり直すにしろ
  このままではだめだろう?
  ちゃんと考える時間が欲しい。」

妻「・・・・でも」

僕「まだ、1ヶ月もたってない。
  まとまらない。時間をくれ。」

妻「・・・・うん・・・。」




そういってうなずいた。

それからしばらくはもめることもなく
ただ、時間が流れていった。
夏休みになり、実家に帰ることになって
また大きくもめることになるなんて
思っても見なかったし、

正直それで確定的になった。



物理的に何かが変化したわけではなく、
僕の思いや考え方が確定的になった・・・。

人気blogランキングへ

posted by 弱い男 at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 冷静な時
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。