【目次はこちらから】
個人的なくだらない家庭の話です。
記事数が多くなってきたので、
目次を作りました。


僕が何を感じたのか
不倫・浮気・家庭・子供・夫婦。
何が大切で、何を守るのか。
感じたことを書いています。



人気blogランキングへ
ランキングにも参加しています。
ポチット応援していただくと
がんばれる力にもなります。

2006年10月31日

彼女との会話

玄関口で寄り添ってくる彼女。

もちろんまだ離婚はしていない。
旦那の浮気が発覚してから、
ほとんど家に帰ってこなくなったそうだ。

どっちがというわけではなく、
日がたつにつれ夫婦生活が無くなった。
求めても求めても拒絶されるつらさは
存在自体を否定されている苦痛だったそうだ。

追い討ちをかけるように旦那が浮気。
別れるのは決まっているようだが、
いまだに離婚届に判を押せないでいる。


そんな彼女が寄り添ってくる。


その温もりが服の上からも
しっかりと伝わってくる。

ただ、とても寂しげな温もりが。

どうでもいい。
どうにでもなってしまえ。
元に戻らないなら、
壊されっぱなしなら
俺からも壊してしまえ。


本気でそう思った。
人間の心なんて弱いものだ。
子供が大切といっていた僕が
子供のことを考えなくなっていった。


振り返り、彼女を抱きしめた。


暗い玄関で二人、抱き合った。


彼女がキスを求めてくる。








その目には涙を浮かべて・・・。







子供が涙を浮かべていた。
ちっさい体いっぱいに
悲しみをこらえていた姿が浮かぶ。

笑っている子供の顔。

眠っている子供の顔。

怒っている子供の顔。



泣いている、子供の顔。



泣いている子供の顔が
僕の心に強くブレーキをかける。

妻には出来なかったことだ。



僕「ごめん。そういう気分にはなれない。」

彼女「・・・・なんで・・・」

僕「ごめん。子供の顔がちらついてしょうがない・・。」

彼女「・・・そう・・・」


そういって僕から離れた彼女の顔は
ちょっとだけほっとしているようにも見えた。

もちろん僕の心は複雑だった。
結婚する前なら絶対彼女を抱いていた。

だけど、それぐらい
僕にとって子供の存在が大きかった。

その大きさは言葉では表現できない。
全てであり、僕の生きる意味であり、
そして、僕の愛そのものだった。



何時なのかもわからないが、
そのまましばらく玄関でだまったまま
二人して何をするわけでもなくたたずんだ。

数分だったか数十分か。

彼女がぽつりとつぶやいた。



彼女「奥さん、変わるといいね。
   女は寂しいとすぐ逃げちゃうから。
   許せなくても、愛してあげてね。
   難しいとおもうけど。」




我慢していた。
ずっと誰かに言って欲しかった。
僕のことを見て欲しかった。
話をちゃんと聞いて欲しかった。

涙があふれてしょうがない。



人は本気で悲しくて、
本気でうれしいとき、
声を出して泣くものだと、
30過ぎてまた思い出した。

人気blogランキングへ

posted by 弱い男 at 12:52 | Comment(4) | TrackBack(1) | 冷静な時
この記事へのコメント
よかった…
なんかほっとしました
Posted by あさ at 2006年10月31日 18:34
先日のコメント、言い過ぎました。
大変失礼いたしました。
自分のことのように気になってしまって、決めつけた言い方をしてしまったこと勝手な判断をしたこと深く反省いたします。
私も安心しました。
同じことをしなかった弱い男さんに対して安心しました。
もし弱い男さんも奥さんと同じことをしたとなったら、結局男なんかって思っていたと思います。
自分のことのように熱くなりすぎました。
しばらくブログだけ拝見させていただきます。

失礼いたしました。
Posted by アサミ at 2006年10月31日 19:56
本当によかった。
ホッとしました。
うちの旦那も息子にメロメロです。
子供の笑顔に会えるって本当に幸せですよね。
子供もパパママの笑顔に会えるのが幸せだと信じて頑張っています。
弱い男さんもファイトーです

Posted by まゆごん at 2006年11月01日 10:21
>あささん

よかったのかどうかはわかりませんよ・・・。


>アサミさん

いえいえ。
ストレートな意見はありがたいです。
これからも宜しくお願いします。


>まゆごんさん

メロメロです。
ただ、つらいことも多いです・・・。
Posted by 弱い男 at 2006年11月06日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

馬鹿にしないでくださいね
Excerpt: ここで知り合った女性と先月結婚しました。パッと見ふざけてるけど、でも人生の伴侶に出会えた。本当にありがとう。暗かった人生に光が挿して、仕事もやる気になって成績がどんどんあがって、勘当されていた父とも関..
Weblog: ありがとう
Tracked: 2006-10-31 14:47

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。