【目次はこちらから】
個人的なくだらない家庭の話です。
記事数が多くなってきたので、
目次を作りました。


僕が何を感じたのか
不倫・浮気・家庭・子供・夫婦。
何が大切で、何を守るのか。
感じたことを書いています。



人気blogランキングへ
ランキングにも参加しています。
ポチット応援していただくと
がんばれる力にもなります。

2006年10月28日

久しぶりに家族で

泣き崩れた。
かっこわるいとか
みっともないとか
そんな感情なんてなかった。

ただ悲しくて、泣き崩れた。



どれぐらい子供を抱きしめていたか。
しばらくして、子供も僕も妻も
落ち着きを取り戻した。

遅い昼食をとることになり、
簡単にできるチャーハンを作ることにした。


子供「僕、パパのチャーハンが食べたい。」


珍しくそんなことを言うんで、
しばらくぶりにキッチンにたった。

料理自体はキライではないし、
昔から1人暮らしをしていたので
チャーハンぐらいならそつなくできる。

中華料理店のような味には
もちろんならないが、家庭のチャーハンとしては
そこそろ食べられる味だと思っている。


20分ぐらいでチャーハンが出来上がり、
子供と僕と妻の分を盛り付け、テーブルにだす。


一口子供がチャーハンを食べた。
妻はあまり食欲がないのか
手をつけようとはしなかった。
同じように、僕自身も食欲がなく
手をつけようとは思わなかった。


子供「食べへんの?パパとママ?」

僕「食べるよ。おいしい?」

子供「うん!パパのチャーハンおいしい!」



そういって黙々とチャーハンを頬張る。



子供「でも、ママのチャーハンもおいしいねん!」

妻の顔を見ながらそう言った彼の目は
やっぱり無垢な瞳で、まっすぐに訴えていた。




3人の食卓はおいしいね。




彼の言葉がそう聞こえてしまう。
この日はそのままどこへ出かけるわけでもなく、
一日3人で家にいた。何をするわけでもなく。

もちろん口論もその後はしなかった。

夜になり子供が寝た後、
妻に3つの事を約束させた。



1 二度と浮気はしないこと

2 もし別れるなら、僕がそれを告げること

3 子供のことを1番に考えること




当たり前の夫婦生活には戻らないだろう。
だけど、子供のために、妻にはいてもらいたい。

最低限、妻が家にいるのなら
守ってもらわないといけないこと、3つ。

僕1人が我慢するために必要な、3つのこと。



何も言わずうなずく妻。

妻「もうしない。一生かけて償う。」

そういった。






でも引っかかる。

結局俺は一生我慢しなければならない。
一生背負っていかなければならない。
一生妻を疑っていかなければならない。

たとえ子供の為でも、
それをずっと続けることができるのか。



もやもやとした感情がうまれる。
そして、僕が少しずつ壊れていった・・・。
人気blogランキングへ

posted by 弱い男 at 17:35 | Comment(2) | TrackBack(1) | 冷静な時
この記事へのコメント
わかる!とってもわかる!
でも・・・
『結局俺は一生我慢しなければならない。
一生背負っていかなければならない。
一生妻を疑っていかなければならない。』って
そう思うなら・・・
許して家族で暮らすこと選ばなければって思う!
いくら、子供のためとは言え・・・。
Posted by アリエル at 2006年10月29日 19:43
そう、でもなんですよね。
別れたほうが楽です。お互い。
でも・・・・。

何が大切なのか。わからなくなってきます。
Posted by 弱い男 at 2006年10月31日 11:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

イキそうなんです
Excerpt: ここで知り合ったご主人様にオモチャで責められながら書き込みしています。命令通り報告致します。もう、白いのが垂れてきてヌチョヌチョなっています。人差し指から糸まで引いています。もう本物が欲しいのですがお..
Weblog: 変 態 M 女
Tracked: 2006-10-28 18:10

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。