【目次はこちらから】
個人的なくだらない家庭の話です。
記事数が多くなってきたので、
目次を作りました。


僕が何を感じたのか
不倫・浮気・家庭・子供・夫婦。
何が大切で、何を守るのか。
感じたことを書いています。



人気blogランキングへ
ランキングにも参加しています。
ポチット応援していただくと
がんばれる力にもなります。

2006年09月23日

食卓の温度

とにかく子供の前では平然を装おうも
どうしても感情があふれ出てくる。

言葉には出さなくても、雰囲気が違う。
それは僕もそうだし、妻もそう。
そして、敏感な子供もそう・・・。

言葉を交わすこともなく、晩御飯になる。


忘れもしない、晩御飯はうどんだった。


朝から何も食べていない僕と妻にとって
うどんすらのどを通らないものだった。

妻とは書いたが、妻がどうおもっているのかなんて
長年連れ添ってきたはずなのに、何もわからない。

それでも無理やりうどんを口に運ぶ。
何度もはきそうになる。いろんな思いがめぐる・・。


食卓がこんなにも苦痛に感じることが
結婚した当時に来るとは思ってもなかった。
こんな食卓なら1人のほうがましだと思う。
それでも、子供と離れるほうが苦痛だとも思う。
妻といっしょにいることはこの先苦痛だろうし、
それでも子供の成長を感じられないのはもっと苦痛だ・・。

二つの思いが感情を刺激し、
流したくもない涙があふれそうになる。



いつもならおしゃべりしながら食べる子供も、
ずっとだまったまま、黙々とうどんを食べている。



子供にとって親が不仲なのは
もっとも苦痛なのかもしれない。

そう思うと、別れたほうがいいのかもしれない。




思い空気を漂わせたまま
子供をお風呂に入れる時間になる。

いつもならできるだけ3人で入るのだろうが、
この日はとてもそういう気分にはなれず、
妻と子供がだまって風呂場に向かうのを
ぼうっと見ていた。

シャワーの音が聞こえるのと同時に
ベランダにタバコを吸いに向かう。


都会の夜景がやたらと汚れて見える。
この街に来なければよかった。
この街に1人で来ればよかった。
パソコンなんて買うんじゃなかった。
ミクシーなんてなければよかった。
結婚なんてしなければよかった。


考えてもどうしようもない
すんだことばかりを考えてしまう。


遠くから子供の声がする。

子供「パパ〜!お風呂上がるよ〜!」

無邪気なその声がやたらつらい。
脱衣所にいくと、裸の子供がタオルをもって僕を待っている。

僕「自分で拭いてみようね」

そういった僕をまっすぐにみながら、
慣れない手つきで自分の体を拭きだす。


こんなちょっとしたことが
僕にとってもっとも大切なことだった。


妻がお風呂場から脱衣所に出てくる。
何を思ったのか今さら必死に体を隠している。

子供の体を拭き終わり、子供がリビングに走り出す。


その間もずっと体を隠している妻。


僕「体ふかへんのか?」


妻「私の裸をみるのもいやでしょ?」





今さら何を。
そんなところで気をつかうなら、
家族3人が幸せでいられるように
気をつかって欲しかった・・。

言っておく。
お前の体を見るのがいやなんじゃない。

お前の存在がいやなんだ・・・。

人気blogランキングへ

posted by 弱い男 at 10:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | その日
この記事へのコメント
読めば読むほどせつないです。
私の元夫は、離婚するときは子供子供と
言っていたけど、今では養育費どころか
子供のことなど考えてもいないと思います。
でも、本当に子供は大切です。
だからこそ悩むんですよね、夫婦でいるべきなのか
離婚をするべきなのか。
私は離婚を選択したけど、今となっては
間違ってはいなかったな、と思います。
弱い男さんにとって、いい選択ができることを
祈っています。
Posted by ぼたもち at 2006年09月23日 13:14
>ぼたもちさん

選択は非常に難しいです。
子供のことを考えてしまうと
どれを選択しても彼にとってつらいのかも・・

戻らないけど、戻りたい。

今はただそれだけです・・・。
Posted by 弱い男 at 2006年09月28日 12:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24282940

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。