【目次はこちらから】
個人的なくだらない家庭の話です。
記事数が多くなってきたので、
目次を作りました。


僕が何を感じたのか
不倫・浮気・家庭・子供・夫婦。
何が大切で、何を守るのか。
感じたことを書いています。



人気blogランキングへ
ランキングにも参加しています。
ポチット応援していただくと
がんばれる力にもなります。

2006年09月16日

話にならない話

僕「なんでや!」

妻「・・・・。」

僕「なんで浮気なんか・・!
  どうするともりなんや!
  どうするともりやったんや!」

妻「ばれたら、子供引き取って別れるつもりやった。」



は!?
なんやと!?

何を簡単に言っとんのや、こいつ?
子供引き取って別れるだと?


俺にとって子供は、他のどんなものよりも
俺のどんなものよりも大切なものだ。

それを・・・

それをお前の勝手で奪われるのか!?
お前の勝手で壊された家庭なのに、
勝手に子供まで俺から奪うつもりだったのか!?



殺してええか?



僕「なんやと!何勝手いっとんのや!!」

妻「・・・・・」

僕「俺がどれだけ子供を好きかしっとるやろ!!」

妻「・・・うん・・・。」

僕「それを勝手に奪うだと!?」

妻「・・・・・」

僕「なんで・・・なんで浮気なんか・・・」

妻「・・・・・」

僕「なんで・・・」



しばらく沈黙が続き、
ゆっくりと妻が口を開く。



妻「・・・・ごめん。
  家族を壊すつもりはなかった。
  でも、彼に惹かれた・・・。
  ちょっと浮ついてた・・・。」

僕「壊すつもりはなかっただと!?
  さっきお前が言うたんや!!
  ばれたら別れるつもりやったって!
  何後から都合ええこと言うとるんや!」

妻「・・・・でも・・・」

僕「でもちゃうわ!!!!」

妻「・・・・どうするの?」


は!?
どうするだと?


もちろん別れるさ。
他の男に平気で抱かれる女を
一生傍においておくことなんて
俺にはできない。

何より、お前の考えだけで
子供が片親になってもいい選択肢を
平気で選択できるやつに、
この先子供を預けることなんて
不安で不安でしょうがない。

別れるなら、お前だけ出て行け。
一生俺の前に姿を現すな。



僕「子供だけは渡さない。」

妻「私だって!」

僕「お前に渡すと、不幸にされる」

妻「4歳の子供には、母親が必要でしょ!」

僕「そんなことはわかっとる!
  それでも、子供の幸せを考えるなら
  両親が一緒の方がええに決まっとるやろ!!!
  それを平気で片親にさせる、
  お前になんか渡せるか!!!!!」




ちょっとの時間だったと思う。
にもかかわらずたくさんの思いが駆け巡る。

子供が起きてきた。
ただならぬ雰囲気を肌で感じたのだろう。
何も言わずに着替え、ちょこんとダイニングテーブルに座った。


子供「ママ。ごはん。パパも食べるでしょ?」


何気ない子供の一言で
押さえつけていた感情が噴出しそうになる。



だめだ。子供の前でだけはダメだ。
必死に心を押し殺して、とりあえず外に出る。

禁煙4ヶ月をむかえていたが、
どうにもこうにもならないので、
近くの自動販売機でタバコを買って、
4ヶ月ぶりにタバコを吸った。


煙が目にしみる。
自然と涙があふれてきた。



別れる。
家族がいなくなる。
子供が僕の前からいなくなる。

今はまだ鮮明に覚えている
子供のぬくもりや重さを、
時とともに忘れてしまう。


いやだ。
絶対いやだ。


子供を俺から引き離すやつは、
たとえ子供の実の母親だとしても






敵だ・・・。





理性よりも感情が優先する。
耐えられない。子供がいなくなることだけは・・・。

人気blogランキングへ

posted by 弱い男 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | その日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。